宇宙さえ感じる、北欧モダンデザイン黎明期の器。

  • 2019.04.11 Thursday
  • 17:34

JUGEMテーマ:北欧インテリア

 

 

北欧インテリアと無関係で恐縮ですが、、、

 

ご覧になられましたでしょうか、

昨日のブラックホールの会見。

 

→ EHT-JAPAN

 

ブラックホールは中心の黒い部分。

 

ブラックホールは「光さえ逃げられない」ので

そのものを撮影する事自体は出来ませんが、

その周囲の光が吸い寄せられている

ぎりぎり(事象の地平線)のラインの外(エルゴ領域)を

観測したのが上の写真、だそうです。

  

ドーナツの穴を、

ドーナツによって説明するようなものです。

(たぶん、大幅に説明が違いますが 笑)

 

 

存在の理論的可能性提言(ピエール=シモン・ラプラス)

からスタート(18世紀)したものが、

 

→存在の証明(スブラマニアン・チャンドラセカール)

→名前の確定(ジョン・ホイーラー)

→M87星雲のブラックホール発見(JAXA/国立天文台)

→撮影の成功(国際研究チーム)

 

…と、初期の提言からおよそ250年。

 

会見でも高揚が伝わり、

こちらまでわくわくする時間でした。

ホーキンス博士、見たかったでしょうね。

 

オールトの雲」「ダークマター」など

推定、示唆さる存在も今後も楽しみです。

基礎研究ってほんと大事ですね。

 

生きている間に見られるかは分かりませんが

研究者の方の熱意に期待しております。

 

 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 

昨晩はそんなこんなで

ベッドで今回の周辺の話を読み夜更かしして、

少し赤い目で出社した今朝。

 

お店に宇宙っぽい何かってあるかな、と

思って見回すと見つかったのは

Rorstrand、グナーニールンドによる器。

 

 

二ールンドは1904年生まれ、

北欧モダンデザインの黎明期から長く

デザインを牽引してきたデザイナーです。

 

東洋の器を研究し、

流麗な形状やさまざまな釉薬の実験をし

非常に思索的な作品の多い方です。

 

この器もボウルというより

碗と名づけたほうがしっくりきますね。

 

 

内部を見ると、

心まで引き込まれるような

深遠な世界観があるように思います。

 

→ Gunnar Nylund 瑠璃碗

 

Prae Interior (プラエインテリア)
徳島市佐古四番町6−1
水曜定休日
TEL:050-3568-1203
Facebook PraeWeb Instagram

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

インテリアブログ

インテリアブログ
↑ 上位の方のブログは、お部屋作りにもとても参考になります。

北欧ブログランキング


↑ 参考になる情報がたくさん。

SHOP DATE

〒770-0024 徳島市佐古四番町6-1 tel/fax 050-3568-1203 AM11:00〜PM7:00 水曜定休日 http://www.prae.jp  info@prae.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM