器の変遷と、北欧から届いた器。

  • 2018.09.01 Saturday
  • 16:13

JUGEMテーマ:北欧インテリア

 

 

先日お店に到着したヴィンテージを

Webにアップしました。

お気に入りのひとつはこの

Gefle(Sweden)の3点セット。

 

3点セットって何、と言う方は

良かったらこちらの記事をどうぞ。

 

  

 

         -- -- -- -- (山折) -- -- -- --

 

3点セット、がこの形になったのは

イギリスで1840年頃と

意外に歴史は古くありません。

  

アフタヌーンティーの需要とともに

この形式となって言った事を考えると

貿易、特に砂糖との関係が大きいのが

良くわかる気がします。

(詳しくはこの本あたりがお勧めです)

 

 

では、ざくっと器の歴史を

遡っていきたいと思います。 

  

http://www.pilotguides.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/10/1280px-The_Mill_Yard_-_Ten_Views_in_the_Island_of_Antigua_1823_plate_V_-_BL-640x280.jpg

  

ヨーロッパ諸国で磁器の生産が

始まったのは17世紀の初頭。

 

大航海時代、輸入に頼っていた磁器を

ヨーロッパの国内で生産ができないかと

各国はしのぎを削ります。

 

収集家でもあったザクセン王

アウグスト一世もその中の一人で、

磁器の生産を錬金術師ベトガーに命じ、

1709年ついに硬質磁器が完成しました。

 

この成功をもとに開業されたのが

ヨーロッパで一番古い磁器会社マイセンです。

 

その技術は秘匿とされていましたが

やがて各国に伝わり、1726年には

北欧スウェーデンでも王室ご用達として

ロールストランドが開窯しています。

  

当然ながらこれらの磁器は高級品で、

王侯貴族が相手ですから格式も必要とされ

テーブルマナーが徐々に、厳格に

定められていくこととなります。

 

https://i1.wp.com/dynamicwomenfaith.com/wp-content/uploads/2015/12/TopTenTableMannersDinnerTableRules.jpg?resize=1080%2C752

 

この当時のテーブルセッティングとしては

4,8,あるいは12をひとつのセットとして

販売がされていました。

 

購入者は王侯貴族を中心とした富裕層で、

破損したテーブルウェアは補充される形で

その家で受け継がれていく事となります。

 

 --  --  -- --  --  -- --  --  -- --  -- 

  

ヨーロッパで製作される前は、

中国などアジアからの輸入品でした。

(16世紀中盤〜)

 

「磁器は金と同じ重さで交換される」

 ・・・なんて言葉もあったくらいです。

 

https://ak9.picdn.net/shutterstock/videos/1156129/thumb/1.jpg

本当でしょうか?お店の磁器を持っていきたい。

 

17世紀半ば、中国が国内の混乱により

海禁制(鎖国)が敷かれることにより

日本の磁器(有田、古伊万里等)も

多く輸出されています。

 

 --  --  -- --  --  -- --  --  -- --  --   

  

磁器以前は、というと

銀や錫といった金属器が用いられました。

(上流階級の話です。)

 

http://www.theseraph.com/images/pewter.gif

 

現代でも銀や錫の評価が高いのは

この時代の影響も大きいと思います。

 

ちなみに世界初のテーブルマナーの専門書は

この時代(15世紀頃)に著されたようです。

 

1533年、アンリ2世(フランス)に嫁いだ

カトリーヌ・メディシス(メディチ家)お抱えのシェフが

「食事作法の50則」を著したと言われています。

 

宴会での様子ですが、当時の食事風景では

手づかみで食べ、指をしゃぶり、

大声で歌い、飲み、罵り合い、

喧嘩に至る・・・といった記述が散見します。

 

−7人以上の食事の席では、誰かが殺されても

 参加者は罪に問われない

 

・・・なんてとんでも法律があったくらいで、

マナーという言葉には程遠いの時代です。

 

https://jgreenstein.com/wp-content/uploads/2017/11/JG17F-67.jpg

 

 --  --  -- --  --  -- --  --  -- --  --   

 

金属器が使われる前は、木が中心です。

 

といっても現代のお皿の形状ではなく、

まな板のようなざっくりとした形で

現代で言うと大皿のような意味合いで

テーブルに提供されていたようです。

  

https://www.omerohome.com/sites/default/files/products/antique-french-breadcharcuterie-board_5.jpg

 

取り分け用、としては硬くなったパンが

受け皿として使われていたようです。

 

トランショワール と呼ばれるそのパンは

そのまま食べられる・・・事はあまり無く、

貧民に施されたり、家畜のえさにと

されていたようです。(諸説あり)

 

 

ちなみにこの頃はフォークもスプーンも無く

なんでも手づかみで食べる時代です。

(ナイフはありました。)

 

宗教的観念(食事=神が与えたもの)もあり

手づかみこそ正しい、という考えのため

カトラリーが庶民に根付くのが遅くなり、

浸透したのは17-18世紀となります。

  

http://www.lavocedelvolturno.com/wp-content/uploads/2016/01/Le-Nozze-di-Cana-in-Galilea-particolare-sinistro.jpg

 

 --  --  -- --  --  -- --  --  -- --  --   

  

・・・と、徐々に形作られたマナーですが、

実は19〜20世紀にまた変化があります。

  

大きな変化は庶民、という定義。

富裕層だけではなく、一般の民衆が

食器を揃えるようになりました。

 

その結果、食器の揃え方は

もう少し規範が緩くなり、また

カイ・フランクの"KIRTA(=Teema)"のように

揃える、という概念自体も変わりました。

 

※Kirtaは「 ディナーセットを玉砕せよ 」という

スローガンのもと、異なる食器と合わせるための

シリーズとして発表されました。

 

         -- -- -- -- (谷折) -- -- -- --

 

現代では、少なくとも一般の家庭では

"セットですべて揃える"と言う事は

あまり必然性が無い時代だと思います。

 

気に入ったものを、必要なだけ。

 

https://scontent.cdninstagram.com/vp/6f2c6a9d523e0c249f425339fc2676b8/5BEC99A0/t51.2885-15/sh0.08/e35/s640x640/36159785_1831500046979331_6308048558176075776_n.jpg

 

肩肘を張らず、そういった遊びのある

食器の選び方が出来る現代って

なんだかとても楽しいように私は思います。

  

→ ヴィンテージ一覧

    

Prae Interior (プラエインテリア)
徳島市佐古四番町6−1
水曜定休日
TEL:050-3568-1203
Facebook   PraeWeb  Instagram

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

インテリアブログ

インテリアブログ
↑ 上位の方のブログは、お部屋作りにもとても参考になります。

北欧ブログランキング


↑ 参考になる情報がたくさん。

SHOP DATE

〒770-0024 徳島市佐古四番町6-1 tel/fax 050-3568-1203 AM11:00〜PM7:00 水曜定休日 http://www.prae.jp  info@prae.jp

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM