スポンサーサイト

  • 2019.06.09 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    北欧買付裏話 2018 vol.10

    • 2018.07.26 Thursday
    • 17:00

    JUGEMテーマ:北欧インテリア

      

     

    北欧旅も最終日。

     

    この日は仲良くしている

    フィンランドのおばあちゃんの家に

    行ってきました。

     

    実はこの春、体調を崩し

    手術をしたフィンランドのおばあちゃん。

     

    元気になった、とはいうものの

    日本からもとても心配をしていました。

     

    https://us.123rf.com/450wm/antikainen/antikainen1702/antikainen170200236/71006981-helsinki-finland-circa-sep-2016-blue-passenger-public-bus-starts-the-route-from-platform-the-rautati.jpg?ver=6

     

    おばあちゃんの家はヘルシンキから

    バスで1時間ほど。

     

    路線便も多くなく、1日3便のみ。

    一番早い、午後からの出発となりました。

     

    ぽっかりと午前中が空いたので、

    冷やかしに蚤の市へとやってきました。

     

    ちなみに蚤の市は基本的に現金のみです。

      

    荷物もほぼ梱包済み。

    わりと買付には満足していましたので

    買い足しの予定はありません。

     

    ぶらぶらと歩いていると…

    なんと、現地でも見かける機会が少ない

    希少な器を見つけてしまいました。

     

    価格は…手持ちで、丁度。

     

    http://img-cdn.jg.jugem.jp/d22/1974936/20131109_675685.jpg

     

    (これから遠出だけど、カードあるし、大丈夫か・・・。)

     

    ・・・ということで、迷わず購入。

    ちなみに北欧ではほぼカード社会なので

    現金を使う機会は多くありません。

     

    ホテルにその器を持ち帰り、

    いよいよおばあちゃんの家に向かいます。

    ※おじいちゃんと2人暮らしです。

     

    ----------------------------------------

      

    日本からのお土産もありましたが、

    せっかく家まで行くのでと

    お花を買っていく事にしました。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37618177_1268688769935192_1093569600651526144_n.jpg?_nc_cat=0&oh=de01121b711ce221261ab380a17d4708&oe=5C0D3ACD

    もちろん支払いはカードです。

     

    お花屋さんが若干混んでいた事もあり

    バス停にはぎりぎりに到着。

     

    事前にチケットを購入出来なかったので

    バスの運転手さんから直接購入します。

     

    「○○行き、お願いします。

     支払いはこのカードで大丈夫ですか?」

     

    「悪いが支払いは、現金だけなんだよ。」

     

    ・・・!!!!

     

    http://nekotp.com/wp-content/uploads/2015/04/suprised007cat.jpg

    ・・・にゃんですと!?

     

    発車時間が来ており、

    カードが使える券売機に行く時間も

    銀行に行く時間もありません。

     

    嗚呼、蚤の市、蚤の市。

    掻き分けても掻き分けても蚤の市。

     

    北欧買付とはかくも恐るべき事なのです。

    (私の甘い見込みが悪い。) 

     

    ・・・ということで、

    善財童子も顔負けのお願いのポーズで

    なんとか現地(でATMに行って)払うという

    事で納得してもらいました。

     

    https://i.pinimg.com/originals/d8/00/f7/d800f7927f2b57f5c9d0201e527730ec.jpg

    知ってて良かった仏像のポーズ。

     

    閑話休題、

    バスは迷わず(そりゃそうだ)目的地到着。

     

    少し早く着いたので、

    おばあちゃんが来ないうちにATMへ走ります。

    (この状況を知られたくない 笑)

     

    そして停留所に帰ってくると、

    運転手さんと談笑するおばあちゃん。

    私の事情は無事、伝わっておりました。

     

    ----------------------------------------

     

    おじいちゃんとおばあちゃんの家は、

    バス停から歩いて15分ほど。

     

    「車でのお迎えも考えたのだけど」

     

    この町を感じてほしい、という事で

    歩いてお迎えにきてくれました。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37830462_1268688693268533_6510892386028093440_n.jpg?_nc_cat=0&oh=94f07b6253fb3e7242a44abccca34703&oe=5BD9B663

     

    顔色もそうだけど、

    そういう気持ちと身体の余裕からも

    元気になった事が伝わり嬉しいです。

     

    「あの家は私の実家なの。

     今は従兄弟が住んでるわ」

     

    「この川は、小さい頃に

     私も泳いでいたのよ。」

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37787974_1268688736601862_8716772677127241728_n.jpg?_nc_cat=0&oh=22536e2ee175657d0bbbc940908cc46a&oe=5BE00B44

     

    緑が多く、のどかで、

    心地よい風が吹く小さな村。

     

    「私はこのお店で買い物をするの。

     でも夫はあっちのお店が好きなのよ。」

     

    2人の何気ない話を聞きながら、

    穏やかでとても落ち着く時間です。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37767459_1268688573268545_3813527249102045184_n.jpg?_nc_cat=0&oh=228e9b9ecd1aeec5d94cb793b95072f9&oe=5BDD34A2

     

    おばあちゃんの家では、

    おじいちゃんが手料理を作って

    到着を待ってくれていました。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37861567_1268688646601871_7030405587133267968_n.jpg?_nc_cat=0&oh=8825fff0f87242a39bf4808745963a3d&oe=5BC9C83D

     

    ミートボールなど、

    フィンランドらしさ全開の料理の数々。

     

    おじいちゃんが森で採ってきた

    キノコで作ったオリジナルのソース。

     

    「コツは一度、キノコを冷凍すること」

    ・・・だそうです。

     

    詳しくレシピは聞いてきたので、

    今度家でも作ってみましょうか。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37787963_1268688616601874_4764486038397648896_n.jpg?_nc_cat=0&oh=d4cb11fa131979489588d64feb6fcd6d&oe=5BCBDC79

     

    デザートもおじいちゃんが森で採ってきた

    クランベリーで作ったゼリー。

     

    「普通の家を、楽しんで行って。」と

    色々と部屋を案内してくれる2人。

     

    なんてありがたい事なんだろう。

     

    半日程度の短い滞在でしたが、

    この旅で一番の良い思い出になりました。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37828785_1268687473268655_3285227927888723968_n.jpg?_nc_cat=0&oh=f8609dda15b9153899d63d0c2fd91476&oe=5BC9A091

     

    「今度は、一緒にサウナを楽しもう」と

    おじいちゃんから楽しいお誘いも頂きました。

    また次回、遊びに行きます。

     

    この2人は格別、かもしれませんが

    北欧ではこういう温かい方が

    とても多いように思います。

     

    日本へのお誘いもしておきましたので、

    遊びに来てくれると嬉しいなぁ。

     

     

    これで長かった旅も、終わりました。

     

    http://img-cdn.jg.jugem.jp/d22/1974936/20170729_1960059.jpg

     

    帰り道は台風で飛行機が悩まされましたが、

    まぁそれはそれで、良い経験でした。

     

    書ききれなかった思い出話もたくさん。

    店頭に来られた際は、

    良かったら店主までお声掛け下さいね。

     

    8月12日までイベントでお待ちしています。

     

     

     

    Vol.9    Vol.1(最初)へ

     

     

     

    Prae Interior (プラエインテリア)
    徳島市佐古四番町6−1
    水曜定休日
    TEL:050-3568-1203
    Facebook   PraeWeb  Instagram

    スポンサーサイト

    • 2019.06.09 Sunday
    • 17:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      インテリアブログ

      インテリアブログ
      ↑ 上位の方のブログは、お部屋作りにもとても参考になります。

      北欧ブログランキング


      ↑ 参考になる情報がたくさん。

      SHOP DATE

      〒770-0024 徳島市佐古四番町6-1 tel/fax 050-3568-1203 AM11:00〜PM7:00 水曜定休日 http://www.prae.jp  info@prae.jp

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM