スポンサーサイト

  • 2019.06.09 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    北欧買付裏話 2018 vol.7

    • 2018.07.19 Thursday
    • 17:25

    JUGEMテーマ:北欧インテリア

     

     

    ストックホルム。

     

    スウェーデンの首都で、

    スウェーデンの中で最大の都市です。

     

    https://www.umfulana.de/img/w858-h368-c858x368-q80/10000372.jpg

     

    バルト海沿岸の都市で「水の都」とも呼ばれ

    市の面積の30%は運河、30%は緑地という

    大都市の中でも穏やかな土地です。

     

     

    私の北欧滞在ではストックホルムを

    拠点とすることが多いのですが、

    今年は定宿が満室だったため

    新市街の少し離れに宿をとりました。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37323937_1260665030737566_510919654445678592_n.jpg?_nc_cat=0&oh=fdba53235ce40e18aae1bdb741b6513d&oe=5BDDB9D1

    今回宿泊したホテル。

     

    室内で少し仕事ができる部屋を、

    そんなオーダーでお願いしていた部屋は

    ホテルの最上階で、

    天窓と大きなデスクがある一室でした。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37368506_1260665060737563_6511503796097515520_n.jpg?_nc_cat=0&oh=39e89fdc3bdcf28f154dfda84fdd8d5d&oe=5BE8D503

    右のドア内にバスルームが、

    奥の曲がったところにもう一部屋あります。

     

    天窓から、朝の太陽と共に起きられる

    ・・・というのは幻想で、

    日が落ちるのは12時、昇るのは3時半。

     

    寝るときはブラインドをしてという

    ちょっと残念な時期ではありました。

     

     

    頑張れば歩ける距離にある駅名はOden。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37330264_1260664977404238_1237095605113716736_n.jpg?_nc_cat=0&oh=c4f39ef33e36c9be83377d9d3ee54945&oe=5BDEA3E1

    和食が恋しくなる名前ですが、

    こんにゃくも大根も残念ながらありません。

     

    おでんは売っていませんが、

    Sushiは2-3軒あったように思います。

     

    ホテルを拠点に、

    買い付けではいろいろと向かうのですが

    この日は旧市街のガムラスタンへ。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37394711_1260664897404246_1869509636571267072_n.jpg?_nc_cat=0&oh=fa0455d1a601c09eedaaaa8532970df2&oe=5C13A109

     

    魔女の宅急便、のモデル地のひとつは

    このガムラスタンだと言われています。

     

    「魔女の宅急便 塔」の画像検索結果

     

    ガムラスタンにはいくつか、

    アンティークショップがあるのですが

    一番の有名店は此方でしょう。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37337831_1260664874070915_3089742710454616064_n.jpg?_nc_cat=0&oh=f092a30b5795353ee7a6d046bccbb6d8&oe=5BCD6F88

    Moderna MAGNUS

     

    普段は土曜日のみのオープンで、

    私の北欧旅では曜日周りによっては

    縁がないことも多いのですが、

    今年は夏は営業時間が合い無事に訪問。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37397777_1260664854070917_6782756179413041152_n.jpg?_nc_cat=0&oh=02ce07d020075083c04a25a461bed077&oe=5BCD8155

     

    商品群も素晴らしいのですが、

    何より店主さんが名物です。

     

    北欧ではよく見かける雑誌

    "Scandinavian Retro"の編集長で、

    数々の著書があるMagnusさん。

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37565403_1260685777402158_6955572988955590656_n.jpg?_nc_cat=0&oh=f6551bd564d5a7f37dd5a46c78147b7d&oe=5BC5630F

    スーパーにて。RETROがしっかり置かれています。

     

    デザイナーとの知己も多く、

    造詣は北欧の中でも屈指だと思います。

     

    北欧デザインに興味があって

    英語の話に差支えがない方は

    ぜひお話してみて下さいね。

      

     

    幾つか雑誌のバックナンバーを

    ここでは譲ってもらい、

    その後はいつもの買付へ向かいます。

     

     

      

    現地からもご紹介しましたが、

    そんなこんなでスウェーデンを中心に

    ここまでの旅で見つけた

    ヴィンテージの一部をご紹介。

    (SOLD OUTも多く出ています。)

     

     

     https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37410808_1260694494067953_7200575391151423488_n.jpg?_nc_cat=0&oh=15ebe79ceb72c50228230b441c5daeae&oe=5C13FDE1

     

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37326630_1260694374067965_8172095030706569216_n.jpg?_nc_cat=0&oh=5701b389058b864df7303787c89dbc59&oe=5BE1B364  

      

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37344189_1260694314067971_8623441470122098688_n.jpg?_nc_cat=0&oh=4ac4f8b7a435ac80803829ebfa8c7eec&oe=5BCCDFA5

     

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37512081_1260694317401304_3447971291070464000_n.jpg?_nc_cat=0&oh=d36858b95214122fed9fccad4e2970ef&oe=5BCD0B43  

     

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37395489_1260694284067974_8565307726266105856_n.jpg?_nc_cat=0&oh=99c976c632c6368872ca4fb9dfc1fcad&oe=5BC8A6CB

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37340850_1260694304067972_1765711675870150656_n.jpg?_nc_cat=0&oh=eb39efefd17875a1035c31576bfcd6cb&oe=5BCF375A

     

     

    https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/37394763_1260685770735492_8565257874580701184_n.jpg?_nc_cat=0&oh=a7241fb9c62787e99c1863dea7f13fc0&oe=5BD0B702

     

     

    ・・・イベント開始から5日、

    旅だった雑貨も少なくありませんが

    まだまだ店内は賑やかです。

     

    上の写真のアイテムも、

    まだご注文出来るものもありますので

    良かったらチェックしてみてくださいね。

     

    → 北欧ヴィンテージ雑貨一覧

    (未掲載のもの、SOLDのものはご案内出来ません)

     

     

    次回はフィンランドに、

    客船でバルト海を航海していきます。

     

      

    Vol.6       Vol.8へ→

      

    Prae Interior (プラエインテリア)
    徳島市佐古四番町6−1
    水曜定休日
    TEL:050-3568-1203
    Facebook   PraeWeb  Instagram

     

    スポンサーサイト

    • 2019.06.09 Sunday
    • 17:25
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      インテリアブログ

      インテリアブログ
      ↑ 上位の方のブログは、お部屋作りにもとても参考になります。

      北欧ブログランキング


      ↑ 参考になる情報がたくさん。

      SHOP DATE

      〒770-0024 徳島市佐古四番町6-1 tel/fax 050-3568-1203 AM11:00〜PM7:00 水曜定休日 http://www.prae.jp  info@prae.jp

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM